医療保険と入院 医療保険では、対象になっている病気やけがなどによって入院をしたと言う場合や手術をした場合には、給付金を受け取る事が出来るはずです。医療保険にはいっていれば何日間入院してあったとしても、何度入院したとしても、すべて保障があると考えている方も多いかもしれないでしょうが、そうではないのです。医療保険それぞれに内容がことなっていて入院に対して制約がありますね。入院してから何日間はもらえるけど何日以後はもらえないというケースもあるかもしれませんし、入院してから最初の5日間はもらえないけど6日目からなら給付金がもらえるという医療保険もあるのです。 一度目の入院では保障がついたけど再入院ともなればもらえないと言うことも医療保険の内容によってあるので注意しなければなりませんね。医療保険は保険会社ごとに給付金の支払い限度についていろいろと決めごとをしています。一例として1入院60日型、1二十日型といったように決めているのとは言ってもあなたがいま入っている医療保険は何型になっているでしょうか。もしも1入院1二十日型という場合になったら最初の1二十日は出るのとは言えそれ以降は給付金は出ないことになるのです。 また医療保険の内容をみてみると、再入院は給付対象外になっている場合もあるみたいです。これは同じ病気にかかってしまう、一度入院していた病気が再発すると言った場合には対象外になると言うところもを意味しているのです。別の病気の場合はまたカウントがリセットされます。 何度入院をしても日数無制限などで入れる医療保険もあるのですが、そうなると保険料が少し割高となっているのですー